ミモリアル

スーパー・ストロング・メルヘン・マシン

5/13-5/19 機種変、ゆとりツーマン、「かわいい」の正体

今週はiphoneを買い替えた。

容量はないし動作は重いので、どうにかしなければとは思っていた。tiktokも開けないし。12miniから15proへの切り替えなので、画面の大きさにまず驚いた。街中でこんなデカい画面でTwitterを開くのが恥ずかしい。じきに慣れるだろうか。

以下、今週の日記。


2024.05.13.mon

◆栄第七学園。ボイメンの朝起きれない2大巨頭として、勇翔さんと吉原くんが挙げられていた。電話を鳴らして起こすもんだから、「履歴が全部勇翔になってしばらく履歴が使い物にならなくなる」と平松さんは言っていた。吉原くんも昔は本当に寝坊エピに事欠かなかったし、イベント開始5分前に現地入りする姿を見かけては頭を抱えていた。最近はあまり大きなやらかしはなくなったらしい。わけわからんほど多忙だったあの時代は、生活リズムが整わず睡眠に影響が出ていたのかも。

2024.05.14.tue

◆吉原くんが8月に出演する舞台のキービジュが出た。良すぎる、良すぎる!テンションが上がりすぎて、勢いのままiphoneを注文した。明日届く。あんなに機種変を渋っていたのに、信じられない。

◆顔がヒリヒリする。肌荒れかと思ってたら、全身がかゆい。何らかのアレルギーが反応が出ている。

2024.05.15.wed


2024.05.16.thu

◆昨日は眠気に勝てず10時には寝てしまった。おかげで今朝は頭がすっきりしている。

◆31でバラエティボックスを買ってきた。不定期でスモールの8個入りを買う。本当は12個入りを選びたいところ、冷凍庫のキャパシティが不安なのでいつも8個。多分10個なら入るのだが。店舗に着くまでは「キャラメルリボン4、ジャモカアーモンドファッジ4にするか~」と宣っていたが、結局そんな計画は白紙になった。新品ほやほやのベリーベリーストロベリーを見たら食べたくなるし、期間限定の抹茶きなこは逃せない。家に着いて冷凍庫にアイスを詰め込んでいる時間が幸せ。やっぱりあと2個なら入るけど、4個は無理そう。

バラエティボックスを詰めてもらっている間にイートインで。

2024.05.17.fri

◆時間がない中、目を回しながらゆとりツーマン布教用レポ漫画を描いた。気持ちがあるときにイッキにやらないとダメ。勢いが大事。

過去公演レポ漫画。

右の漫画は公開時に誤植があったが、日曜に気づいて訂正した。fictionをモノローグと書いてしまっているのを、ツーマンライブ中に気づいた。

2024.05.18.sat

◆朝から機種変更の作業。結局昼までかかってしまった。途中、待ちの間にスプラのフェス。「いつも通りに過ごす」派。

◆歯医者。

◆スターダム、横浜武道館。あのたんの白防衛ロードに夢中。チャレンジャーの見たこともない領域を引き出した上で、自らの秘めた力を解放し、上回る。絶対不屈王者。

2024.05.19.sun ゆとりツーマン

◆平松ソロ終わりの友達と合流して、お茶。

シフォンケーキとソフトクリームのセット。

◆ゆとりツーマンは夢で終わらないでから始まる。
意識して先頭に持ってきているんだろうか、いつも夢おわで始まる気がする。2019年のホールツアーのライブパートがこの曲で始まっていたこともあり、ふたりの初めての公式デュオ曲ということもあり、この曲は始まりの色を帯びている。2017年クリスマス、マコライZepp Nagoyaで見た初披露のああのステージから、回を重ねるごとに熟度を増している。

たった1週間ぶりなのに、ステージ上の吉原くんを見て「本物だぁ…」と思ってしまった。さっきまで画面の向こうにいて、憧れの存在だった人が、目の前のステージに立っている。立体で、実体。かっこいいなあ、と、見惚れてしまった。昨日今日の出会いじゃないのに、もう何年も、もう何度も会っているのに。彼は会うたびに輝きを増し、魅了してくれる。

昼にソロコンサートをしているため、平松さんおよび黄色のペンライトはすっかり出来上がっていた。平松さんは「ナゴヤーーーー!This place is NAGOYAーーーー!!!」と叫んでいた。いつも通りの名古屋すら特別な場所になってしまうキマりっぷり。

吉原くんのソロでfiction、モノローグを披露。平松さんによるモノローグMV裏話で場を繋いだのち、新衣装を纏った吉原くんが登場した。
新衣装は青だった。空のようなサックスブルーのシャツに、雲のような透ける素材の白い羽織り。Last Foreverの曲が持つ開放感を空に模したような衣装。素敵。

Last Foreverの初披露は、腕を大きく広げて歌っているのが印象的だった。fictionにしろモノローグにしろ、ギュッと小さくなって苦しそうに力を込めていることが多い。Last Foreverでは腕を広げ、空に手を伸ばして歌っていた。新しい姿だ、と感じた。

初披露を終え、すっかり肩の荷が下りた吉原くんは「今から休憩いただくんで^^」と足取り軽く消えていった。大スタァに場を任せて。

平松さんはいつものスタァモードに入る前に、「まさとが作ってくれた雰囲気を引き継いで歌ってみたい」と、POTSUNを披露してくれた。初めて聴いたが、とてもよかった。わたしにとって、平松さんに歌ってほしいド真ん中かもしれない、と思った。

灼熱ロマンスはさすがの「出来上がり」っぷりだった。昼公演があったことも影響してか、客席の仕上がりがすごかった。ここに巻き込まれているのが心地よかった。初披露の愛のスカーレットは当然ながら初見なのに、初見とは思えないほど世界に入り込めた。大スタァのステージは、純度10000%のエンタメだなあと感じている。どこへ持って行っても勝てる。

せっかくなのでふたりとも撮った。

◆吉原くんTwitch、モッパン。Last Foreverの感想を伝える場を設けてくれた。夕食を食べ終わって眠くなりつつあるので配信を終わりたいのに、我々オタクが引き延ばそうとするのを甘んじて受け入れてくれていた。優しい人。オタクにかわいいかわいいと言われ、「かわいいで売っていません!」と撥ね除けていた。わたしも吉原くんに対して「かわいい」と思うときは多々あるが、たぶんオタクが言う「かわいい」のほとんどは正しくは「愛しい」なのだ。わたしは「かわいい」の正体が「愛しい」だとわかっているので、本人に向かって言えない。照れちゃうので。

その他あれこれ

◆SHOさんのアンチによる、顔ファンを揶揄する投稿があり、界隈が荒れに荒れていた。ちゃんとお金を払って中継なり現場なりで試合を見ていれば、顔だけで応援されるような選手ではないことくらい明白。もし試合を見ていて彼のレスリング技術の高さを理解していないなら、それこそ顔アンチ、「にわか乙」なのである。こういうアンチは、1円もお金を払わずに話題にいっちょかみして、孤独を紛らわしたいだけなのだ。

◆肌荒れがひどい。コンシーラーがきれいにのらずションボリしていた。

5/6-5/12 イオン常滑、元祖 肉汁男児の大衆肉食堂

昼はGW明けの仕事に追われ、夜は創作意欲の沸き立つままに作業に没頭していた。なので日記の文字量が少ない。時間が足りない。人生を大いに楽しんでいる、と実感している。

以下、今週の日記。


2024.05.06.mon イオンモール常滑

◆ホームで列車を待っていると、雨天予報によりステージが屋外から屋内に変更になった旨の告知が出た。万が一に備えて持ってきたレインコートは使わずに済むことになった。出発する直前まで自宅まわりも雨がパラついていた。今日は1日グズつくだろう。

常滑は遠い。わたしが乗る駅から直行できる列車が少ないせいか、体感では大阪に行くより遠い。吉原くんがアンバサダーじゃなかったら、今日行ってなかっただろうな。列車の待ち時間と乗車時間はモノローグを聴いて過ごした。

イオンモール常滑には11時過ぎに着いた。物販を済ませ、まず食事。常滑は飲食店が多く、ご飯ものの選択肢が多いので助かる。

うなぎまぶし。

1部は最前に入ることができた。普段は好んで後方を選び、踊り狂ってることのほうが多いが、整理番号が良く、せっかくなのでと前方に立ってみた。ぶちらんの最後の決めポーズのあと、平松さんが吉原くんの膝にチョップを入れてるところが見れて最高だった。

膝チョップ。

平松さんを中心に、吉原くんを主役にしようという気遣いがあたたかかった。センターに立たせようとしたり、注目を集めたり、とにかくありがたかった。頭の中のフィルムがセトリに入っているのも、吉原くんの好きな曲だからだろうな。

2部ではなんと、吉原くんのソロ曲、モノローグを歌う時間を設けてくれた。まさか今日、モノローグが聴けるなんて思ってもみなかった。平松さんの采配だろうな。本当にどこまで愛の深い人なんだろう。モノローグをイオンで聴くのは初めてだった。たくさんの人が足を止めて聴いてくれていた。

KOREA WEEKの最終日なので、トークは自然と韓国の話になる。アンバサダーの吉原くんがオススメのスイーツを紹介してくれていた。辻本さんは江戸時代から来ているので、トゥンカロンを認めていない。スイーツではなく甘味と呼ぶ。

2部のラストに、韓国らしい曲として持ってきたのがボイよろだった。吉原くんのパートだけやないかい!と思いつつ、むしろこんなに最適な日もないな、と思った。

特典会はイオンホールで行われた。空調が効いていてとても涼しかった!ライブでしっかり火照っていたので、ありがたかった。

1部は学ラン、2部は青衣装。

吉原くんは「アンバサダーとしては何もできてないですけど」と再三言っていた。1週間に3度も常滑で仕事して何を言ってるんだか、と思うが、もっと韓国ウィークに携わりたかった思いがあるのかも。負担にならず楽しい範囲で仕事ができたのかな、とも思う。我々オタクが美味しい韓国スイーツを食べ、はしゃいでプリクラを撮った事実こそが彼の仕事の成果である。

2024.05.07.tue

◆昨日の常滑で見た光景をgifアニメとして描いた。

2024.05.08.wed

◆昨日は早く布団に入り、たっぷり眠れた!GWの疲労がしっかり癒えた気がする。食事、入浴、睡眠!

◆仕事終わりに友達とコナンの映画を観に行った。2度目。開始前、友達に「事前に知っといたほうがいい人物とか要素とかある?」と聞かれ、どの範囲がネタバレになるのかわからず、戸惑いながら「平次のことが大好きな金持ちのお嬢ちゃんが出てくる…」とだけ伝えた。

2024.05.09.thu

◆帰宅し、ボートレースLIVEをアーカイブで観た。吉原くんと世羅選手が同じ画面に!わたしの趣味(吉原くん)と趣味(プロレス)が交わることはなかなかないので、不思議な感じだった。


www.youtube.com

吉原くんはプロレス=エルボーにあまりピンと来ていなかった模様。エルボーと言ったら、ポケモンで言うところの「たいあたり」ぐらいの頻出だと思うのだが…吉原くんの見たことのある団体ではあまり使われなかったのかも。団体の毛色によるだろうな。飛んで跳ねてがメインのところでは、あまりエルボー合戦なんかしないかも。業界が広すぎる。なんだってできるのがプロレス。

2024.05.10.fri


2024.05.11.sat 元祖 肉汁男児の大衆肉食堂

◆朝から、先週の週報の作業。写真が多すぎて選びきれない。うれしい悲鳴。

◆早めに矢場町に着き、おやつ。ずっと食べるタイミングを見計らっていた、抹茶のジェラート。KiKiYOKOCHOにて。

ルモンドデュテイトウエン。緑。

◆シアター定期公演、元祖 肉汁男児の大衆肉食堂。

開始1曲目からヴーカ!座ったままだったのが惜しかった。SP LIVEはどうせ立つんだから、どうにかオタク側で自発的に立てないだろうか、と毎度うなっている。NO LIMITのタイミングで立つとか、そういうムードを作ってみたい。

次曲から立たせてもらい、夢中で駆け抜けた。バリヤン、ムチューマンに爆沸き!吉原くんのムチューマンはキレキレだった!本人曰く、「ホールライブサイズのパフォーマンス」だった。一息つき、MCで「今の7曲で~」と言われて初めて「7曲もあったの!?」と驚いた。もう夢中で踊ってコールしてるので、何があったとか何曲やったとか覚えてなかった。

今回のゲームコーナーはメンバーの気遣いもあり、着席して観ることができた。汗だくで歌って踊って、客席に気を利かせてもらえるのが本当にありがたい。
ラダーの上から大小2種の骨付き肉(紙に印刷したもの)を落とし、落ちてきた肉を箸でつかむというミニゲームがあった。大きい肉を掴むより、小さい肉を掴むほうが獲得ポイントが多いが、そもそも落下する紙を箸で掴むのが難しい。本田さんが成功していたが、箸で掴んだ際の手応えは無いらしい。

肉の写真を見て部位を当てるニクイズ、肉を実食して部位を当てるニクイズの2種の頭脳戦があった。吉原くんは「肉はすべてハラミ」らしい。

ごちそうさまでした!

2024.05.12.sun

◆Youtubeでウォンバットのライブカメラを観ながら朝食。素晴らしい朝。

◆新日本、Resurgence。オンタリオ大会。
AEWでTHE ELITE所属になったジャックペリー選手が、変わらずHOTの仲間として戦ってくれていたのがうれしかった。HOTは副業OKの優しい組織らしい。ジャックペリー選手、このまま悪を貫く正義の手刀を逆輸入してくれないか?テーブルより流行らせて欲しい。アメリカの、何が何でもテーブルを使わせたい、テーブルが面白いという風潮が苦手。

◆全日本、CC決勝。ジュン選手のあんこ解禁を期待して見守ったが、優勝は逃してしまった。宮原選手がタフだった!マイクで呼ばれ、ゲスト解説席でカメラに抜かれた安齊選手のビジュが良すぎた。

◆吉原くんのTwitchに少し顔を出したが、早起きが堪えていたので早々に離脱した。

4/29-5/5 KOREA WEEKトークショー、うまいものまつり、スポフェス

連休で現場が多かったので、今週は写真をたくさん撮った。
遠出の際にコンデジを連れて行ったのも影響し、写真を撮るのが楽しくなっていた。

以下、今週の日記。

  • 2024.04.29.mon KOREA WEEKトークショー@イオンモール常滑
  • 2024.04.30.tue
  • 2024.05.01.wed
  • 2024.05.02.thu
  • 2024.05.03.fri うまいもの祭り@モリコロパーク
  • 2024.05.04.sat スポフェス@オアシス21
  • 2024.05.05.sun
  • モリコロパークの写真あれこれ


2024.04.29.mon KOREA WEEKトークショー@イオンモール常滑

◆イオンモール常滑にて、KOREA WEEKアンバサダーを務める吉原くんのトークショー。浮かれて髪を巻き、出発。

乗り換えのために途中で下車したら、次に乗るべき列車が目の前にいたのに、うっかり見送ってしまった。「乗る列車これじゃね?」と気づいたときに扉はしまった。あちゃ~。少し焦ったけど、まだ10時台。トークショーの開始は14時なので、慌てず騒がず次の列車を待った。経験上、こういうときは何かある。わたしの動きに調整が入ったんだな、と思った。ホームの自販機で振って飲むゼリー飲料を買い、のんびりした。

イオンモール常滑、到着。曇天。

物販につくと、ちょうど横で吉原くんが情報番組のロケをしていた。なるほど。列車を逃してなかったら、このタイミングにはならなかっただろうな。撮影の様子を遠巻きに見させていただいた。

常滑といえば!

トークショーは2部制。MCのお姉さんに話題を振ってもらいながら、ファッション、グルメ、音楽、観光など、韓国にまつわるトークを聞けた。近々、また韓国に行く予定があるらしい。

今回のトークショーはファッションの話がメインで、ユニクロ・GU店舗から提案されたコーディネートを吉原くんと一緒に見ていくコーナーがあった。MCのお姉さんに「どちらのコーデが好みですか?」と聞かれ「そ、それはどっち選んでも角が立つじゃない?ここユニクロさんの目の前だし、ファンの人も『わたし今日こっち寄りの格好だわ』ってあると思うし…」と回答を渋ったのち、口頭ではなく指差しでどちらが好みか教えてくれた。

肉球の鈴カステラを買い、帰路。

肉球カステラ。

◆新日本、鹿児島大会。メインのIWGP Jrに間に合った。わたしはずっとDOUKIさんの応援をしてきていて、いつか天下をとってくれると信じている。今回ももちろん、DOUKIさんに勝って欲しいと願った。だけど、SHOさんにベルトを手放して欲しくないという気持ちも同時にあった。何が何でも、どんな手を使ってでも、YOHさんが戻ってくるまで守り続けて欲しいと思った。DOUKIさんを応援する気持ちも、SHOさんを応援する気持ちも、同時に存在していいはずだ。リング上での善悪がはっきりしていようが、応援する気持ちを誰に向けるかは我々の自由。応援する動機も自由。

◆栄第七学園男組、つじほんよし。ボイギリ部に先月グループを卒業した勇翔さんが参戦!この男、卒業した後もボイギリのコーナーにポツポツとお便りを送ってきて、コツコツとマイレージを貯めてきたのである。「卒業生のゲスト参戦」ではなく、「正規のルートで出演権を得て参戦」したのだ。現在の勇翔さんは「俳優」としてのブランディングをしっかりされているらしく、オシャレなシャツとヘアセットでスタジオに訪れていた。「卒業する前はいつもノーセットで髭面だったやろうが!」と突っ込まれていた。

本田さんの雑談配信の切り抜きがtiktokでバズっているらしく、初めましての層がたくさんラジオを聞きに来てくれていた。切り抜きで気になってradikoに課金するまでなるもんなんだなあ。本田さんが「いつもより早めに曲行こうよ、僕らの曲聴いてもらおう」とそわそわしており、つじよしになだめられていた。こういうときにちょっと余所行きになってしまうのが悪い癖だと。本田さんのトークで気になって聞きに来てくれたなら、いつものようにオープニングトーク30~40分やっちゃうのが正解だと、わたしも思う。

2024.04.30.tue

◆吉原くんTwitch、Fall Guys参加型。
時間になっても吉原くんの通知が来ないので、じいじのチャンネルで待っていたら滑り込むように登場した。自分の配信もつけないままゲームを始めようとしている慌てっぷり。ドタバタしてたんだろうなというのがわかる。
今夜も張り切って参加したがなかなか勝てなかった。手汗でコントローラーはびちゃびちゃ。

2024.05.01.wed

◆吉原くんTwitch。例のリズムゲーム。
晩ごはんの話題になり「じゃあ、皆さんで話し合って、先生が食べる晩ごはん決めてください。先生ゲームしてますからね」と言って、自分の晩ごはんをチャット欄のファンにまかせてしまった。結果、みんなに決めてもらったCoCo壱のカレーとサラダを食べてらした。

◆じいじの絵を描いた。日頃の感謝と、わたしの絵柄でどこまで描けるのだろうか…?という好奇心がわたしを突き動かした。描けるじゃん!となり、うれしかった。

ちゃんぬさんのファンアート。

2024.05.02.thu

◆仕事から帰り、録画したキャッチを観た。4/29に常滑で収録されていたもの。ねこプリンのクイズのくだりで、吉原くんが指で猫耳を作っており(作らされており)とても可愛かった。

2024.05.03.fri うまいもの祭り@モリコロパーク

◆無事に起床、モリコロパークへ向かった。

会場に到着!絶好の屋外現場日和。

うまいもの祭り会場に到着すると、ステージ前の観覧エリアはファンでギチギチだった。観れそうな場所はないかな~とうろうろし、下手側のサイドに立つことにした。見切れではあるものの、田村さんがべらぼうに構ってくださったり、本田さんのアイドルスマイルを浴びれたり、とても良い場所だった。お立ち台?やぐら?のような設備があり、田村さんはその場でスタッフさんに上っていいか確認し、上がっていた。エンターテイメントの権化!

1部のライブを終え、物販へ移動。今日は1部2部を終えたあとに1回だけ特典会があるレアなケース。気が楽でよい。今日は自由時間を思いっきり食事に充てられる。

カニ・サーモン・ホタテの三種盛り丼。

2部のライブは1部とは反対に、上手側のサイドに立った。ぶちらんの決めポーズを真横から見れるのはなかなかに貴重だと思った。本田さんがいすゞのトラックの曲を歌わされており、不憫だった。勇翔さんが卒業されてからというもの、本田さんが集中砲火でイジられているのをよく見る。勇翔さんは最強カードだったんだなあ。やはりボイメンのジョーカー。

特典会は花畑を背景に行われた。天候もよく、花盛りのこの季節にここで撮れてよかった。

再び食事。狙っていたホタテのバター焼きが売り切れだった。ショックが大きく、思わず店員さんに「ええ!」と叫んで困らせてしまった。気を取り直して、焼きいもコロッケを買った。甘いさつまいものコロッケは最高だった!紅はるかだったかな?すっかりスイーツの口になったので、続けてソフトクリームを買った。

焼いもコロッケ、ミルクソフトクリーム。

ボイメンのステージが終わり、食事も堪能したが、このまま帰るにももったいないので、ジブリパークの無料エリアを冷やかすことにした。県民だが、県民がゆえに、ここには滅多に来ないので。写真をたくさん撮ったので、追記にまとめて載せることにした。

モリコロパークを出る前に、コーヒーを一杯飲んでいった。

6種のコーヒー豆から選び、一杯ずつ抽出してもらえる。

座ってコーヒーを飲んでいるあいだ、ジブリグッズを身に着けている人々がたくさん目に入った。

藤が丘の駅で降り、友達のおすすめのたこ焼き屋さんに寄った。日が暮れ、すっかり体が冷えていたので、あたたかいたこ焼きが沁みた。

4個入り。おやつにちょうどよかった。

2024.05.04.sat スポフェス@オアシス21

◆昨日のモリコロパークで大はしゃぎしたので、今朝は起きれる自信が全くなかった。「起きれたら行くか~」と思っていたが、なぜかすんなり起きれてしまったので、1部だけでも行くことにした。夕方はレスリングどんたくがあるので。

ステージ前に到着するとまもなく、クラグラちゃんのステージが始まった。ステージを見ながら、大昔に同場所で見たあいちおとめ組のステージを思い出していた。比べるわけではないが、やはりわたしにとってあいちおとめ組、後のおとめボタンは特別だったんだな、と思った。あの頃のわたしに必要だった。負っている傷にぴったりの処方箋。

前方観覧エリアがあまりにも見晴らしが悪かったので、後方に移動した。これが大正解だった。好き放題踊ってるお姉さんたちの後ろにつけたおかげで、ぶちらんのフルカウントで粘るくだりを相乗りさせてもらった。こういうわけのわからん一期一会がたまらん。MCでは、「テレビ塔に届くぐらい声出せ!」と煽られた。辻本さんが「展望台の人がオッ?ってなるか俺が見とくわ!」と名乗り出たのだが、「俺の視力じゃ確認できないことに、気づくのが遅かった…」となり大ズッコケしていた。

マスカラを買い、帰路。

◆新日本、レスリングどんたく。IWGPヘビー、MOXvs成田。これが見たくて帰ってきた。
結果は敗れてしまったが、成田選手は確かな基礎の上に確かな悪の技術を持ち合わせ、とんでもないバケモンになりつつあるのを感じた。リングに大の字になった彼に駆け寄ってくれたEVILさんと東郷さんの姿を見たら、成田選手の選択が間違いだったなんて思えない。

2024.05.05.sun

◆スターダム、福岡大会。Youtubeの無料パートで様子見のつもりだったが、舞華さんのオープニングマイクが良すぎてすぐさまPPVを買った。買ってよかった。
メインのゴッデスは実にハイレベルなタッグマッチだった。直近では葉月選手は赤だのハイスピードだの、シングル戦線で躍動する姿が多かったが、やはりFWCでいるときが一番楽しそうだなと感じた。コグたんの隣にいる葉月選手は向かうところ敵なしと言わんばかりの、まぶしい笑顔。

モリコロパークの写真あれこれ

モリコロパークに行った日の写真が多いので、追記にして折りたたむことにした。

続きを読む

4/22-4/28 エナドリみたいなライブ、吉原ソロCD発売決定、ヒールユニットのかたち

月末進行で忙しかったが、大腿四頭筋大爆発のアーカイブ配信を毎日昼休みに摂取していたので、無事に走り切った。

ライブのアーカイブ配信をエナドリみたいな使い方をするのは普段はあまりやらないが、やってみると効果は絶大だった。ボイメンのライブを観ると「よし!がんばるぞ!」となる。

以下、今週の日記。


2024.04.22.mon

◆気圧の影響で耳が痛い。

◆栄第七学園、合唱部。平松さんのおばあさまの話題から、ジルコニア前歯の話になった。ジルコニア前歯とは、地上波冠番組が決まった平松さん(当時19歳)に、おばあさまがプレゼントしてくれたもの。新しいファン層は知らない人もいるらしいので、改めて説明してくれていた。
流れで差し歯の話題になった。わたしも前歯を差し歯にしている。歯を差し歯にすると見た目がきれいになる印象ばかりが強いが、歯並びによるトラブルが解消されるのが実際一番大きい。活舌にも影響が出るし、歯磨き、食事、食いしばり、あらゆる面が改善される。

アゲマンガイに続き、今週も平松さんの疑心暗鬼が発動していた。わざと嘘っぽい言い方をするほわだるが悪いが、平松さんはよっぽどアゲマンガイがトラウマになっているらしい。平松さんの「そんなウソみたいなグループ名があるか!」に本田さんが「んなこと言ったらボーイズアンドメンだってウソみたいな名前だろうがよ!」と返しており、笑い崩れてしまった。

2024.04.23.tue

◆新日本、後楽園。ジェイク・リー選手がBCWDと共闘!
うれしい!うれしい!バクステでWDとずらり並んだ姿のビジュが良すぎて最高だった。ワルでビジュの良いヒール集団!フィンレー選手は「イリミネーションのメンバーに入れる」と言っていた。この九州シリーズはずっと来てくれるんだろうか?と思って、慌ててNOAHのスケジュールを確認した。カードにジェイク選手の姿がない!来てくれそう!うれしい!どんたくシリーズへのわたしのモチベの毛色が変わった。楽しみだなあ。

◆大腿四頭筋大爆発のアーカイブを買った。

2024.04.24.wed

◆おばあちゃんが突然「モスが食べたい」と言うので、便乗してわたしの夕食もモスにした。

2024.04.25.thu

◆昨夜、週報の仕上げをしたかったが、眠かったので日が変わる前に寝た。

◆コアラのマーチを食べた。

本日のリザルト:2たかふみ

◆カメラのデータを整理した。昨年の夏、国際会議場でスターダムを観戦した日のデータがそのままだった。団体の激動について行けず、まだ次の観戦予定を立てられずにいる。行きたくなったらまた行けばいいだけ。

2024.04.26.fri

◆出先で髪にテントウムシがひっついていた。春だなあ。

2024.04.27.sat

◆15時、ボイメン公式インスタライブにて、ゆとりコンビのうれしい発表。平松さんの2ndシングル「ア・ヤ・シ・イ・ネ」、そして吉原くんの1stシングル「モノローグ」が、7/9に同時発売することに!やっと!やっと!吉原くんのソロシングルの円盤が手に入る!うれしい!うれしい!駅のベンチで配信を見ていたのでグッと堪えたが、叫び出しそうなくらいうれしかった。配信シングルももちろんうれしかったが、やはり円盤となると、配れる、飾れる、サインがもらえる、と、利点だらけなのである。しかも「Last Forever」という新曲も収録されるそう。

◆通院の帰りに猫ちゃんと出会った。

猫ちゃん。

望遠のコンデジを連れてきていてよかった。春になったのでカメラを持ち歩くようにしよう、と今日唐突に決めて持って来ていた。猫ちゃんに誘われて、レトロな世界に来てしまった。

神宮駅前、神宮小路。

2024.04.28.sun

◆朝食。

金イクラフライパンでパンケーキを焼いてもらった。

◆気圧にやられ頭痛がしたが、天気が良く絶好の掃除日和なので、掃除をした。夏に向けてエアコンの試運転もした。

◆昨日のスターダムBUNTAIを、前半戦まで観た。ネタバレをちらほら踏んでいたが、テクラ選手の大江戸隊加入、キッちゃんの大江戸隊追放が起こった。テクラ選手の大江戸隊加入は何も驚かなかった。だってtoxicでspiderなので、あまりにもしっくりくる配属だった。ここ2年ほどスターダムを見てきて、大江戸隊というヒールユニットは「所属する選手」を「大江戸隊」と呼ぶのではなく、「大江戸隊」が「所属する選手」を選ぶんだな、と感じている。ふさわしくなくなると、追い出される。
わたしの愛する大ヒールユニット、新日本のHOTは、負けた仲間を責めたりしないし、みんなで肩寄せ合って帰っていく。大江戸隊はそうではなかった。今回も「お前のせいで負けたんだよ」と追い出したし、昨年の金網マッチでは「お前が弱いから負けちまっただろ!」と鹿島選手を責めた。だけどそれを「ひどいチームだ」と罵ることはわたしはしない1。「お前はここにいるべきではない」と、突き放す愛もあるのではないか。善悪にかかわらず、ユニットにはいろんな色が、形がある。

◆吉原くんTwitch。開始1時間ほど過ぎた頃に合流。「A Dance of Fire and Ice」というリズムゲーム。わたしは最初、譜面の読み方が全くわからなかった。シンプルなので余計に難しい。
崖のぼりおじさんのときは失敗が続くとおじさんに説教していたが、今回のリズムゲームでは失敗しても「この曲好きだからイイけどねぇ?!」と受け入れていた。小窓に映る吉原くんは、ピアノを弾くかのように楽しそうにしていた。

ソロCD発売のお祝いをする時間を設けてもらった。「Last Forever」は表題になってもいいんじゃないか、と思える曲らしい。ドラマの主題歌みたいな。「Last Forever」は「ずっと続く」の意味を持つ。いわゆる「永遠」。さよならの曲ばかりが似合う吉原くんにしては、珍しくポジティブな予感がする。どんな曲なのか、聴けるその日が待ち遠しいな。

チャット欄がどんどん流れ、ビッツが鳴りやまないあの時間が好きだ。吉原くんがたくさんの人に愛されているところを見るのが大好きだ。


  1. 「ひどいチーム」ではあるのだが。